脱毛するなら【クリニック選びの基本】


女性イメージ お金と時間をかけてのせっかくの脱毛、失敗はしたくないですよね。
エステサロン脱毛、医療脱毛、どちらが本当に良いのでしょうか?

この判断になるのは最終的に決めるのはアナタ個人なります。

脱毛を行ううでで、短期間で完全に永久脱毛をしたいと思うなら、医療レーザー脱毛でしょうが、
費用的な事を 考えると、エステサロン脱毛ですしと、悩むところですよね。

どちらを選ぶにしても良いエステサロンで良い医療機関となるのでここは共通する点だと思います。

1、エリアから。


1度での完全脱毛はあり得ません。 これは、エステサロンであっても、医療脱毛であっても1度の脱毛で終了ということはあり得ない。 だからこそ、通わなければならないということを考え、通えるエリアから日常に負担のない所を選ぶことも 大切です。



2、評価・評判から。


インターネットなどで口コミ、評判がありますが、個人の感想となるのでそれが当てはまるとは 限りません。 でも!何も評判のナイところも微妙ですよね。 しっかりとした意見、評判(良い事、悪い事)があることが大事な見極めになるはずです。



3、無料カウンセリングのあるところ。


無料カウンセリングがしっかりしているところ。 脱毛だけでなく、身体の悩みや心配事にしっかりと答えてくれるところが良いですね。 また、せっかくの無料カウンセリングに行くわけですから、店内の雰囲気に対応してくれる方の 雰囲気などもしっかりとチェックすること。 マンネリ化されたサロンや医療機関だと、説明不足やすることを当たり前のように淡々と説明され 心ない感じの印象を受けるところもありますよ。



4、アフターケアがしっかりとされている。


3番と重複するところもありますが、最初のカウンセリングでしっかり相談できる所。 肌の状態、毛の状態などによっての説明がキチンとされ、尚且つ料金説明、アフターケアの仕方や 万一の場合の説明をしっかりしてくれる。 後々に知らなかった、聞いていなかったなどの事がないくらいに丁寧に説明してもらえ、万一の 場合の対応をしっかりしてくれる所がいいですね。



5、お金は大事。しっかりと金額を教えてくれるところ。


医療脱毛は保険がないのでそれなりに高いです。 高いからかこその見極めでも料金は重要です。 他のクリニックと比較して安いからではなく、キチンと金額の説明をしてくれるクリニックは安心です。 クリニックによっては脱毛の料金のみで、施術の後のケアー料金などが別途に請求されたなどの 経験をされている方も少なくありません。 施術からアフターケアに関する説明から料金の説明がキチンとされるクリニックが信用できます。



6、解約金・クーリングオフ


エステサロンでは途中解約や返金システムがあります。 医療クリニックで解約・返金システムがないのは医療行為として行っているので、 医療脱毛は医療行為、医療契約のために特定商取引法には対象外となっています。 ※医療クリニックでは最近、解約・返金ができるところがまだまだ少ないですが、取り入れている クリニックがあります。 相談する際に解約、返金システムについて聞いた時にキチンと説明してくれる所。



医療脱毛豆知識【知っておきたいQ&A】


Q:レーザー脱毛と針脱毛の違いは?


A:レーザー脱毛は、医療機関の医師により行われます。 レーザーがメラニン色素(黒色)に吸収され、吸収された熱の放熱で周囲の組織を破壊します。 針脱毛は、毛穴に沿って針を挿入し、毛根に電気を流し破壊します。 針脱毛を行った場合は永久に毛穴から毛が生えてこないと言われています。



Q:レーザー脱毛は毛が生えてくる可能性がある?


A:レーザー脱毛を行って毛が生えてくる可能性は低いです。 ですが、完全に毛包が破壊されたと考えるのは微妙なところで、照射した際の出力加減で 破壊されなかった毛包が残っていることもあると考えるのが自然です。 毛包が残っていたら、毛は生えてきます。 ただし、お話した通りにレーザー脱毛を行ったヶ所から毛が生える可能性は低いです。



Q:針脱毛は時間がかかる?


A:医療レーザーと比べると完全にとなると期間は長いです。 それと同時に針の場合は毛を伸ばさなければ処置できないという点でも長い期間をかけて 脱毛していくということなので、レーザー脱毛に比べると長い期間となります。



Q:肌が弱い人でもレーザー脱毛はできる?


A:基本的には大丈夫です。 レーザー脱毛で体への害や影響はありませんが、アレルギー・アトピーなどの症状をお持ちの方は 医師が常時しているので相談の上、皆さんにあった処置を行ってくれるので安心です。



Q:自己処理で脱毛した結果の黒ずみ解消できる?


A:レーザー脱毛の場合、美肌効果もあるので色素沈着したものや、鳥肌もレーザー脱毛後には お肌の回復が望めます。 針脱毛の場合は、処置後すぐのお肌の回復は直ぐに望めませんが、処置を続けるうえで自己処置を 行わなくなる行為もあり、お肌の状態も改善され黒ずみが少しづつ解消される人もいます。



Q:脱毛できない場合ってあるの?


A:レーザー脱毛の場合は日焼けしているとお肌にメラニンが増えている状態でのレーザーは メラニンに反応して火傷をしてしまう可能性も高くなので、レーザー脱毛を行う前の日焼けは駄目です。 後はタトゥーをしているヶ所のレーザー脱毛もNGです。 タトゥーをメランンと認識し、レーザーがタトゥー部分に集中し、火傷をしてしまう可能性が高いのでNG その他の理由:シミ・アザ・ホクロなどがあるヶ所も同様



Q:タトゥーがあるけど、どうしても脱毛したい。できる脱毛はないの?


A:ニードル・針脱毛・絶縁脱毛・電気脱毛は可能です 毛穴に直接針を刺して電気を流し処置する方法なので、タトゥーが入っていても施術を行う 事はできます。



永久脱毛と言われる電気脱毛とは?


電気脱毛は永久脱毛とも呼ばれる脱毛方法です。
電気脱毛の歴史はレーザー脱毛よりも古く、脱毛効果が高いものになります。
しかし、脱毛方法は簡単ではありません。
きちんとした技術をもった人でないと上手くできないのが電気脱毛です。

電気脱毛といっても、絶縁針とニードル針の2種類があります。

絶縁針が医療機関が使用できる針で
ニードル針は医療機関やエステサロンでも使用可能です。

電気脱毛の方法が、毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流して毛根を壊すという方法になります。
しかし使う針で脱毛効果が違ってきます。

医療機関で唯一使用可能な絶縁針は針が皮膚に触れることで皮膚が炎症を起こさないような仕組みになっています。
そして脱毛効果が高いのですが、痛みが激しい場合があるようです。
料金も高くなるそうです。

エステサロンで使うニードル針も肌の炎症を抑えるように作られていますが
医療機関の電気脱毛と比べると、効果は劣るようです。
しかしその分値段が安いので、医療機関より気軽に受けられますね。
痛みも個人差があるようですが、そんなに痛みが感じられないそうです。

医療機関、そしてエステサロンの電気脱毛どちらも
毛穴にごとに針を刺すので、時間がかかり根気のいる作業となります。

毛の流れを見極め、毛穴に指す深さも考えないといけません。
ですから、この電気脱毛を扱う人は慎重にしなければならず
熟練された技術を持った人ではないと安心して脱毛を任せることができないですね。

また毛根を壊すことから、ある程度毛が生えた状態で行うことが必要で、
毛抜きなどで毛根ごと毛を抜いた状態では電気脱毛が行えないことになります。

そして肌が弱い人だと電気による刺激で肌が赤くなったりしたりとトラブルもあるようです。
体調が優れない時も肌が弱っていることもあるので体調不良の時はおすすめできません。
施術者が未熟な場合は、毛穴のトラブルもあるようです。

電気脱毛後のスキンケアを慎重に行うことで肌負担を回避できますが
もし電気脱毛をする場合は信頼のおける施術者にやってもらうのが一番です。

電気脱毛のメリットとしては、毛穴に針を刺しますから、
レーザーや光脱毛のように黒い部分に反応することがないので
日焼けをしていても、肌が色素沈着していても脱毛できるのがメリット部分になります。

永久脱毛と言われる電気脱毛ですが、とにかく時間がかかりますので
早くに取り掛かることが重要ですね。
永久脱毛効果が高いですが、デリケート部分の脱毛をする場合は
ある程度の痛みを覚悟した方がいいかもしれませんね。